愛さんとわたしの共通点。それは、クレジットカードが苦手ということ。そのため、2人ともワオンカードや、ナナコカードなんかの現金チャージのカードでポイントをためるのが大好き。
そのため、愛さんの手元には、電話占いで支払ったコンビニ支払いのレシートがたまってきている、という。
わたしは最初、冗談で、愛さんに、あの最初の占いから、いったいいくらくらい使ったか、計算してきてください、とお願いしてみた。なにを言うか〜、と笑いながら、けっこう使ったかも〜と苦笑いする愛さん。
2週間後にあったとき、その驚きの金額を教えてくれた。
愛さんが最初に電話占いをしてから4ヶ月ちょっと。愛さんの電話占い総支給額は、なんと、12万3千円。ブランドのカバンも買えそうな金額ではないか・・・。
それをさらっと言ってくれちゃう愛さんにも驚きながら、“びっくり〜”としか言えなかったわたし。一応、4ヶ月で割ってみると、月に3万円ほどなので、遊びに行く金額で換算するとさほど高くもないかもしれない。わたしと愛さんで、丸一日行動すると、モーニングからちょっと贅沢なランチ、おやつのケーキセット、もし飲みに行けば、それだけでも何千円にもなる。いつも軽く1万円は超えていると思うから。
でも、愛さんが占いしている月もその翌日に会ったりして、それなりにお金も使っていた気もするが、お互い、ある程度の年齢の行った独身だから、それほど気にしなくもなってきているのかな?
この、電話占いで使ってしまった金額をあらためて計算した愛さんは、その後少し控えるようになったようですが、その感じからたまに相談している気配はなんとなく感じたりしています。